気のゆるみが災難を招く...僅かではあるが回避策も大事

スポンサー広告

常に慎重に行動するということ

人災、自然災害..それらを災難といって、めぐり合う必要性はないはずであっても勝手に
降りかかってくる...運命なのか、何か知りませんがいやな境遇に陥ってしまう..?

 

避けられるものなら...そう願いたいものですね...

 

人の生きざまとは様々な価値観で個々に模様を描いています...

 

誰にも迷惑..負担をかけず生きている...

 

自分の負担など気にせず周囲に気配り..奉仕の心構えで生きている...

 

硬く真面目に生きていれば災難等に巻き込まれることもない...でしょうか?

 

そんなことはありませんね
どんなに世の中につくしている人でも災難は人の選別などしない...でしょう..
誰にでも訪れ来るチャンスはあるのです?...いやですけど....

 

平等ではありませんね...割合は人により...
そりゃそうでしょう?

 

避ける...偶発的にでも必然であってもですね..
普段の行動...努力により少しは災害限度を下げられるかもしれません...

 

 

災難という言葉は、災害ばかりを指すわけではありませんね..

 

他人様を傷つけてしまう....何かを壊してしまった...事故の当事者...
責められますね?

 

何かが原因で他人からひどく非難された...

 

適正なこと..良いと思ってしたことが、結果はミステイク...誰かを傷つけた...

 

仕事で予期せぬミス..とか数えきれないほどの災難事情はございますね...

 

 

意味合いは違うにしても予期せぬ,,,自身の立場が悪い方向に進んでしまう状況も
災難ととらえてよいでしょう...

 

 

天変地異レベルの災難は別にして...ある程度の災難は常日頃の慎重な心構えで防げるかも
しれません..

 

あくまで、ある程度...それは災難は誰にでも降りかかる厄介者で、性別、良い人、職業を
問わないから...

 

 

ただし、常に災難にめぐり合わぬよう...に慎重な物事判断をすれば...少しは軽減されるはず?

 

危険と感じられるものには近ずかない...受け入れないことも...関わらない..ですね..

 

気のゆるみ....思わぬミスを発生させる...
まあ、いいやの判断...それが間違いのもと...?...よくあるでしょう...

 

見える範囲で...目先のことだけで物事を判断せず先のことを考え読む...これ大事ね...

 

 

まあ、いくら災難にめぐり合わぬようと注意しながら生きるとは疲れるものですね...

 

でも、そうしなければいやな境遇に自身の身を置いてしまう...そう考えましょう..

 

ただ、そこまで慎重に生きるとは窮屈で耐えられない...普通に生活したい...

 

そう願うなら...

 

なんだそんなもん..いらんとはねのける精神力を持つこと...で、これでも災難にはめぐり合うも
はじいてしまうことで、回避する手立ての一つとも言えます...

 

そうはいっても、誰もが元気を持ち合わせているわけでもないでしょう..
次いで言えば、加齢とともに活発な精神はどこえやら...いつしか守り主体の生活に..?

 

多くはそうなんですね..
元気のある人も...無い人もですね
面倒にめぐり合うだけは損....
だったら..個々の負担にならない程度で日々回避する努力はすべきでしょう。

スポンサー広告