恫喝されても負けるな..心構え

スポンサー広告

恫喝への対応

周囲の人を恫喝しながら...自分の考えを押し通す..そんな輩は世間のどこにも存在しますね

 

で、そんな方から恫喝され...致し方なく....他人様の言うことを効いてしまう方へ

 

上司や先輩の指示...おかれる立場で必要なら致し方ないことでしょう..
職場においてもです...

 

しかし、以外の場面...指示、命令される必要性などない環境においてですね
強い意見に逆らえず...

 

でも、そう思い込んでいれば状況は変わらない...

 

変えるためには勇気を出して逆らうしかありません.

 

 

簡単に言うな...さらなる恐怖の恫喝へ進んだら...殴られたらどうするんだ.?..ですね

 

なぜ、ひるむ?

 

ひるむ心を切り替える手段...

 

やってみろ...

 

どうぞ...

 

と、言ってみてください

 

口にすると不思議...ひるむ気持ちは消えますよ...多分?

 

ひるまず...ビビらないとも言いますね

 

恫喝 脅しとはほとんどが張ったり..

 

やってみろ...と反論されると通用しないと理解し...対応は変わる..

 

でも、推測違いで襲われる可能性もございます..

 

しかし、無防備であっても、外顔だけは負けないで...
もっとやれなどとほざけば...あきれてあきらめるかも....?

 

戦闘では、負けてもよいのです..
しかし、心は絶対負けない...退かない..

 

自分の意見を通すために他人を威嚇、恫喝する輩は、相手を自分以下と見下しているからこそ
できることなんですね..

 

よく見てください...その人が誰にでも同じ威嚇をしているかどうか?

 

威嚇恫喝はほんの一部にしかしていないはずです..

 

ていうより...ほんの一部の自分以下レベルと判断している人以外にはできないのですよ..

 

であれば、その範疇にあなたが成長すれば良いだけ...でしょ..

 

 

その心構えが人を強くします....yo

 

 

 

スポンサー広告